Bolivia Potosi Laguna Blanca南湖畔のホテル ~ Chile Antofagasta San Pedro de Atacama

  • 2018.12.22 Saturday
  • 07:23

JUGEMテーマ:海外一人旅

12月21日

 

 

 ボリビア南西部の「宝石の道」を南下中。

 

昨日はLaguna Blanca南湖畔のホテルにチェックイン。

昨晩は早い時間から爆睡。今朝起きると、昨日の夜チェックインしたお客さん達でホテルは賑わっていた。

共同キッチンへ向かうと、ツアーガイドがお客さんのために大量の朝ご飯を作っていた。

今日はチリへ入国する予定だ。朝ご飯を作っていたのは感じの良いローカル女性ガイド。一緒に朝ご飯を作りながら国境越えの情報などを聞くことができた。

朝ご飯を食べ、準備、出発。

 

ここから約6kmで国境に到着だ。

 

道は緩い上り、路面状態はまずまず、、。

 

すぐに国境に到着。

「宝石の道」完走、、、いや、、ほとんど歩きだったな、、。

ボリビアのイミグレーションに並んでいた皆さんが拍手で迎えてくれた。

照れくさかったな 笑

 

9時過ぎにイミグレーションオフィスが開き、スムーズに出国審査完了。

 

チリに入るとすぐに舗装路が始まった。

久々の舗装路。坂も苦ではない。

少し進み、27号線への合流地点にチリのイミグレーションオフィスがあった。つい最近までは国境近くにイミグレーションオフィスはなく、近くの町まで行かなくてはならなかったらしい。

 

チリ入国審査。

職員達との冗談まじりのコミュニケーションがとても面白かった。ウユニから自転車で来たと伝えると、それはそれは色々な審査がスムーズに済んだ気がした、、笑。

 

さて、、27号を西に進み、サンペドロ デ アタカマ(San Pedro de Atacama)という町を目指す。

アタカマ砂漠に向かって標高差2000mのダウンヒル開始。

 

「宝石の道」にいる時は、早く抜けて町に着きたかったのだが、ふりかえって見える山が凄く名残惜しい、、。

 

道はほぼ直線。傾斜も丁度良く、快調にとばした。

 

標高と反比例して気温はどんどん上がっていき、町に着くとほぼ夏。

 

 

なんてツーリスティックな町だ、、、、ギャップが凄い、、、物価が高い、、。

 

調べておいた宿にチェックイン。

ウユニからここまでの10日間で体力を消耗したのと、唇の火傷が酷い。標高4000m超えの日差しを乾燥した空気の中で毎日浴び続けたせいだ。下唇の約8割が壊滅状態。食事の塩分と歯磨き粉が痛すぎる 笑。

少しこの町で休むことにした。

 

夕方にはペルーのクスコで会った台湾人サイクリストの夫婦が宿に遊びに来た。彼らもオレとほぼ同じルートを通ってきた。押しの強い旦那さんと、控えめな奥さんのナイスカップル。明日にはこの町を離れるらしい。

 

夜はパソコンいじりをしながらダラダラと過ごした。

明日は何しようかな、、。

スポンサーサイト

  • 2020.07.27 Monday
  • 07:23
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    台湾 ~ Kazakhstan

    2015年12月27日、台湾を出発し、2017年5月1日にカザフスタン ジャンブール州で引き返し帰国

    Canada Vancouver ~ Argentina Ushuaia

    2017年9月14日、カナダのバンクーバーを出発し、2019年4月15日にアルゼンチンのウシュアイアに到着

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM