Ancash Pallasca ~ Ancash Chuquicara

  • 2018.10.18 Thursday
  • 02:43

JUGEMテーマ:海外一人旅

10月17日

 

 

 昨日はPallascaという村に着き、宿にチェックイン。標高約3200m。

今日も走る。宿の近く、中央広場にある食堂で朝ごはん。昨日の昼食もここで食べた。安くはないが、味がとても良い。

 

今日の目的地はChuquicaraという村。距離はここから80kmと少し長いが、標高は550m。標高差約3000mの超ダウンヒル。昨日まで走っていた3号から100号にのり、再び3号に合流するショートカットルートだ。

宿に戻り準備、出発。

 

 

村を抜けると、今日も山脈が綺麗。

多分、この谷に沿って下っていくんだろうな。

 

下り始め、結構道が激しい

 

時々急な上りもある。

、、今日はベダルを踏まなくていいと思っていたんだけどな、、、。

 

集落は適度な距離にあり、険しい山の中でもとてものどか、、、。

 

 

 

 

トラバース道、急傾斜、ゆっくりと下った。

 

谷底の川が近づいてくると、道はつづら折りを繰り返す。

 

谷底に到着。

 

そこからは川に沿った道、ゴッツイ風景の中、緩い下りが続いた。

 

 

 

 

 

炭鉱の跡かな、、。石炭のでそうな山だし。

 

遺跡のようだ、、。

 

昼近くになり、谷に沿って吹く風が強くなってきた、向かい風。

道も谷に沿っている、安定した強い向かい風を受けながらの緩い下り。

下りなのにペダルを踏まないと進まないという、ストレスの溜まるパターン。

 

絶景の中、ストレスを溜めた。

 

午後になると、風は更に強まった。今日は楽だと思っていたので行動食をあまり持っていない。道に食堂もない、、、、、、腹減った。

風上に向かって暴言を吐きながらペダルを踏んだ 笑

 

 

 

夕方前に目的地のChuquicaraに到着。久しぶりの標高1000m以下。暑い。酸素吸うぞ〜!

 

村には商店も食堂もある。とりあえず食堂で食事。鶏肉のスパイス煮。美味い!

ご飯をお代わりしまくった。

途中で、店員さんが申し訳なさそうに、

ごめんね、もう、ご飯ない。

 

会計しようと調理場をのぞくと、店員さんが大急ぎで大きな鍋に米と水を量り入れているところだった。

一人でまわしてるのかな、、この食堂、、結構客多いな〜。

 

、、、、こちらも申し訳なくなって、会計時、少しチップを払おうとしたが、受け取ってもらえなかった。なぜだかお互い笑い合った。

 

 

少し町を散策すると、安宿発見。チェックイン。

長距離トラックドライバー用の宿のようで、広い駐車場と、洗車のための水道とホースがあった。お〜〜ありがたい!

自転車を洗車。オイルをさしたり、、。ダニが住み着いているかもしれない服を日光に当てたり、、。

 

なんだかんだで日没。

 

部屋の中でパソコンいじり。

早くに就寝。

明日も走る。

スポンサーサイト

  • 2019.07.29 Monday
  • 02:43
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    アウトドア用品店 Naturum

    楽天

    Amazon

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM